【子ども好き必見!】保育士求人の今どきマル得情報局

男女

保育の現場で働く問題点

書類

保育園はできても、保育士さんが集まらない状態が続いています。年度の途中で募集をかけても、転職する人は少ないためです。それでは、仕事をしていない保育士さんを活用しようと、再就職支援や登録制度が各地で始まりました。この制度は、再就職や転職を希望する保育士さんに好評です。

詳しくはこちら

保育の現場の人材不足

勉強する女性

民間の保育施設が数多く作られるようになって、保育士の採用数も増えてきました。しかし、求人に対する応募数は少なく、人員不足が深刻です。そこで、潜在保育士の存在に目が向けられるようになりました。1度退職した有資格者の人が再就職しやすい様に、勉強会など支援が始まっています。

詳しくはこちら

保育の現場の問題点

勉強する女性

働く人が足りない

今、保育士の求人が全国的に増えています。待機児童の問題を解決するために、保育園の設立数が増えていることが背景にあります。しかし、施設はできても、求人に対する応募者が少ないのです。このことが、保育園の開園を遅らせている原因になっています。そもそも、職を離れている保育士の有資格者は大勢いるのに、この現象はどうしたことでしょう。それは保育の現場の特殊性にあります。保育の世界は日々変化しているので、一度職を離れると、復職が困難なのです。一部の自治体では、潜在保育士の活用を進めるため、再就職支援が始まっています。この動きは、今後全国に広まると見て良いでしょう。再就職支援の始まった自治体では、求人に対する応募者数が徐々に増えています。

自治体によるばらつき

潜在保育士のための再就職支援が始まりましたが、支援の状況は自治体によって格差があります。求人数が多い自治体では、積極的な支援が行われていますが、そうでない自治体では、まだその動きが認められません。これから、保育士として再就職を果たそうとする人は、その辺の情報を的確に入手する必要があります。また、自治体による支援がなくとも、保育所の運営団体が相談に乗るケースも増えています。株式会社や社会福祉法人などが主催する潜在保育士のためのセミナーも見逃せません。また、ハローワークなども、個別対応として再就職のためのスキルアップの機関を紹介しています。保育士の再就職のためには、様々な支援が存在することを覚えておくと良いでしょう。

保育の仕事をしませんか

眼鏡とノート

少子化と言われる世の中ですが、共働き世帯と核家族の増加により、保育士の求人が増えています。幼稚園や保育園だけでなく、病院の託児所や学童保育など、様々な場所で求人があります。未熟な子供を相手にするわけですから大変な仕事ですが、やりがいのある仕事です。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら